Feed on
Posts
Comments

伝統のある家庭料理と融合

スウェーデンの家庭料理でよく使われる食材といえば豚やイワシ、根菜類などでした。
素材を時間をかけて煮込んだり、蒸し焼きにするという調理法が家庭料理でよく見られます。
最近は海外の様々な料理を参考にしながらスウェーデンの伝統的な料理にもアレンジするという新しい料理も人気になっており、時代の流れと共に様々な料理を楽しめるようになっています。
ここではスウェーデンの料理で人気の高いメニューを厳選してご紹介します。

ショットブラール

スウェーデンでは伝統的な家庭料理としてショットブラールというミートボール料理が定番になっています。
苔桃(コケモモ)で作ったジャムをつけながらいただく料理ですが、日本人の感覚ではジャムを付けて食べるなんて甘ったるいのではないか?と思われますが、このジャムは甘くないのが特徴的です。
ミートボールにはしっかりスパイスを効かせており、ジャムの程よい酸味とのバランスが絶妙な美味しさです。
日本人でも美味しくいただける家庭料理の代表格なのでぜひお楽しみください。

なお、ジャム以外にもマッシュポテトやグレイビーソースが添えてありますが、お好みで色々な味のアレンジを楽しんでください。

ピッティパンナ

家庭料理として登場することが多く、じゃがいもをメイン食材にしています。
スウェーデンでは根菜類の中でもじゃがいもを使用して主食にすることが多いのですが、使い切れないじゃがいもをどうにかしてアレンジした料理にしようと考えられたのがピッティパンナだと言われています。
じゃがいもをサイコロ状にカットして豚肉やソーセージなどと合わせて炒め、最後に目玉焼きを乗せて完成です。
基本的には食材の残り物を使う料理なので毎回違った味になることが多いと言われています。

クロップカーコル

じゃがいもを使用した生地でもちもちとした食感が独特です。
オールスパイスを使用して味付けをした豚肉と玉ねぎをじゃがいもの生地で包み、茹でたら完成します。
仕上げの味付けを決めるのは苔桃ジャムで、何となく日本の肉まんのような感覚で楽しめる料理として親しまれています。

スモーガストルタ

日本のちらし寿司と似たような存在感があるサンドイッチケーキです。
スウェーデンの家庭ではお祝いの席でこの料理を作ることが多いそうで、集まった人で楽しみながら一緒に食べる料理として親しまれています。
薄いパンにフレッシュクリームと具材を挟んで積み重ねていく料理ですが、家庭によって使用する具材は違うようです。
主な具材はサーモンやエビ、きゅうり、ハム、ゆで卵などが使われています。
ちなみにトルタとはケーキという意味がありますが、この料理はデザートのケーキとは異なります。

Next »