Feed on
Posts
Comments

温暖で四季が存在する気候

デンマークの気候は温暖で四季が分かれているのが特徴的です。
一年の中で最も過ごしやすいと言われるのが6月から8月頃で、湿度が低くて温暖な気候になっています。
この時期は太陽がいつまでも沈まないとされる白夜になので観光客も多く訪れています。

デンマークの四季

比較的四季がはっきり分かれているという特徴があるデンマークでは4月から5月が春にあたります。
冬と比べると徐々に気温は上がってきますが、まだ肌寒い日が続くのでカーディガンなど上着で調整しながら快適に過ごす工夫が必要になります。
この時期のコペンハーゲンは平均気温が10度前後なので、日本では秋のような服装をイメージすると良いです。

6月から8月にかけてはデンマークの夏にあたります。
この時期は日本と同じように紫外線の影響を強く受けやすいのでUV対策は万全にしてお出かけしなければいけません。
猛烈に暑いという日はほとんどないので夏でも快適に過ごしやすいのが特徴です。
日中は涼しい服装で過ごしていても、朝晩になると冷え込みがキツく感じられるため体温調節できるように上着などを用意しておくことが大切です。

夏のコペンハーゲンは平均気温が20度前後なので日本の夏と比較するとかなり涼しいことがわかります。
デンマークの白夜は一日中太陽が沈まないわけではないので覚えておきましょう。

9月から10月は秋にあたり、夏と比べると気温が低くなってきます。
コペンハーゲンの平均気温は12度前後になるため、薄着ではかなり寒いと感じられます。
比較的天候は安定しているものの、気温が低くなっているので寒さをしのぐ上着などをしっかり用意しなければいけません。

11月から3月にかけてはデンマークの長い冬期間になります。
他の北欧の国々と比較しても寒さは穏やかな方だと言われていますが、日本の東京よりも平均気温が低いため寒いと感じる方も多いです。
万全の防寒対策が必要になりますので、日本の雪国で生活している人の防寒スタイルを参考にすると良いでしょう。

デンマークのベストシーズン

デンマークでは冬が約半年間も続くため、寒い季節に慣れていない方にとってはデンマークの生活が大変に感じられるかもしれません。
最も過ごしやすいのは6月から8月の夏と言われており、日本のように連日猛暑日が続くことがほとんどありません。
ジメジメとした暑さを感じることもないので快適に過ごせる環境だと言えます。

北欧では一日中太陽が沈まない白夜が有名ですが、デンマークの場合は夜10時から11時くらいまでは太陽の光を感じながら過ごせます。
遅い時間まで外で遊ぶこともできるので、夕食後に外出をする人も多く短い夏を思い切り楽しんでいます。

Next »