Feed on
Posts
Comments

我慢強い人が多い国

スウェーデン人の特徴として顕著なのが我慢強い人が多いという点です。
日本人の感覚ではあまり考えられないと思いますが、スウェーデンでは税金がかなり高額で給料で稼いだお金のうち約半分が税金になるので稼いだ半分しか手にすることができません。
それでも文句を言う人が少ないのは社会福祉制度が充実しているからです。
安心して暮らせる仕組みが整っているからこそ、多額の税金を徴収されても文句を言わない人が多いです。

今現在の暮らしが苦しいと感じても、将来が安泰に暮らせるという希望があるからこそ我慢強く生活できると考えている人が多いです。
高い精神力があるからこそ、忍耐強く慎ましい生活をしているのだと考えられます。

結婚前は同棲

生活環境が異なるカップルが結婚をして一緒に暮らし始めたところ、意見が合わない事が多かったり、お互いに妥協できない事が多くなって結局は破局を迎える夫婦も少なくありません。
近年の日本人は性格の不一致が原因で離婚に至るケースが多くなっていますが、スウェーデン人は結婚に慎重な考え方の人が多くて日本人よりも晩婚化しているという特徴もあります。
結婚をする前に相手の事をきちんと理解するためにも、まずは結婚前に同棲生活をするというカップルも多いです。
同棲をしてから5年から10年ほど経過してお互いに良い結婚相手だと判断できた時にようやく結婚を決意するため、あまり焦らずにのんびりと結婚に至る夫婦が多いです。

結婚に慎重な割に、実は離婚率が高い特徴もあります。
これは充実した社会福祉が理由になっており、離婚をしても一人で生活できる保障がされているのが強みになっているようです。

真面目でシャイな人が多い

スウェーデン人はとても真面目でシャイな性格の人が多いです。
真面目な人が多いという印象を受けるのは、無駄話を避けて最初から本題に入って真剣に討論し合った方が効率が良いという考え方を持っている人が多いです。
無駄話をしようとすると嫌な顔をされてしまうかもしれないので注意が必要です。

また、スウェーデン人はシャイな人が多いため、こちらから話しかけなければ向こうから気さくに話かけてくるようなことは少ないでしょう。
酔っ払っている時には豪快に話をしてくれる人もいますが、通常は声も小さくて自分から話かけることは稀です。
例えば買い物に出かけても店員さんから積極的に呼び込みされるようなことは少ないです。

徹底した個人主義

スウェーデン人と接していると冷たい人が多いという印象を受けやすいです。
これは個人主義の人が多いためで、あまり他人と積極的に関わろうとする人がいないからです。
よほど仲の良い友人でなければ他人に興味を持つことが少なく、誰かの力を積極的に借りようとする人がいないため、自分で何とかしなければいけないと考える人が多いです。

Next »