Feed on
Posts
Comments

スウェーデンの紙幣と硬貨

スウェーデンで使われている通貨の単位はクローナで、補助通貨として使われているオーレも存在しています。
紙幣は20から1000まで5種類あり、硬貨は500オーレと1から10までの4種類です。
スウェーデンの1クローナは日本円に換算すると約12円になります。(2016年8月現在)

両替について

スウェーデンの現地通貨に両替する場合は空港や銀行、両替所などで対応してもらえます。
銀行で両替した方が為替レートがお得なのでは?という印象も受けますが、スウェーデンでは両替所を利用するのが最もレートが良いと言われています。
特に有名なのはフォレックスとXチェンジなのでどちらかの場所を覚えておくと便利です。
なお、高級ホテルに行くとフロントで両替してもらえる場合もありますが、割高になる場合もあるので事前に確認してから両替してください。

スウェーデンで両替をする場合に注意しなければいけないのが手数料です。
両替手数料がどのくらい必要になるのかを表示していない場合が多いため、両替をしてから思っていたよりも少なかったという結果にならないように必ず両替をする前に確認して納得できたら依頼するように心がけましょう。

ATMの利用が便利

日本を出発する前に国際キャッシュカードの手配をして入金をしておけば、スウェーデンのATMからスウェーデン通貨で引き出せます。
クレジットカード会社または提携している金融機関で設置しているATMから必要な金額を指示するといつでも引き出せるので便利です。
ただし取扱手数料に関してはATMによって異なりますので、できるだけ手数料がかからないところを選ぶようにしてください。
この時適用されるレートに関してもカード会社によって違います。

日本のATMと操作方法が若干異なりますので、正しい使い方を覚えておきましょう。
まずはカードを入れてから言語を選択します。
自国語つまりスウェーデン語や隣国語、フランス語、英語などの選択肢がありますので自分が理解できる言語を選択しましょう。

次にテンキーを使って暗証番号と必要な金額を入力するのは日本と同じです。
更に領収書の有無についても聞かれますので、未然にトラブルを防ぐためにも念のため発行しておきましょう。
最後にお金が出てきますので忘れずに受け取って操作が終わります。
引き出しできる最低金額は日本円で約2000円相当になりますが、できるだけ多く入金しておいた方がいざという時に役立ちます。

なお、持ち歩く現金は最小限に留めておきたいという場合にはクレジットカードを用意しておきましょう。
特にVISA、マスターカードについては取り扱い店が多いので一枚持っておくと便利です。

Next »